MIX 歌ってみた vocaloid/ボーカロイド

歌ってみたのMIX音をもっとアナログにしたい。

7月 28, 2012 by piipo // Leave a Comment

この記事の所要時間: 138

マスタリングに使ったサチュレーターはMPXでした。曲はkeenoさんのglowです。
【初音ミクDark】 glow 【オリジナル】
パラでは行えないので、予めお借りしたカラオケを使用します。
声の提供は、佳希さんです。
OZONEでマスタリングをしていたのですが、もっとカセットテープのような柔らかさみたいな音って出ないかなと、考えて色々と試行錯誤してみました。

結論:風呂場ぁぁぁぁぁからラジカセへ

まずは前回の風呂場MIX。

※念のため、音量は下げてから調整してください。

短縮版:一番からサビまで(完全版は上書きしてしまったのだ)


では、アナログ目指してみましょう。
次にアナログっぽくするためにroundtoneのテープサチュレーターをボーカルトラックに挿入し、
マスターにもそれなりのサチュレーターを入れました。が、うまく調整できずに音割れたりしてて、次回にリベンジします。
しかし、現段階でもボーカルの声が優しく透き通った気がしませんか?

それはプラシーボです。4割ぐらいは。

でも残りは本当に良い感じな気がしてます。
でも、人によっては前回のクリア感のが好みかもしれませんね。

※念のため、音量は下げてから調整してください。
完全版:

いつも自分自身に問いかけてるのですが、アナログだからといって、やたらと柔らかいと言うのも可笑しいし、デジタルだから綺麗過ぎるとか言うのはどうかと思っていて、曲に合うかどうかだけを見ていきたいですね。
主観ですが、glowはアナログのが沁みてくるなって思う。


Comments are closed.