MIX 歌ってみた vocaloid/ボーカロイド

ギャラ子のMIXに挑戦。簡単かどうか試してみた。

8月 6, 2012 by piipo // Leave a Comment

この記事の所要時間: 158

ギャラ子を迎えるにあたり、曲を作っていこうという記事でございます。はじめは新曲でいこうと進めていたのだが、ギターのアレンジに手こずっている間にギャラ子ダウンロード日になってしまいました。既存曲で蒼姫ラピスとギャラ子でロックンロールできそうな曲があったので、セルフカバーしました。

結論:手強い

あくまでも主観ですが、参考にでもなれば幸甚です。

  • V3というよりはV2な感じ
  • テンポが早いと(今回はBPM155)、リズミカルに歌わせるのが難しくなってくる
  • Staccatoにいくならば、子音・母音分割は有効
  • テンポ早めの曲は、アクセントをある程度つけたほうのがよさげ
  • ゆっくり目な曲では、結構聴かせてくれるんじゃないか?
  • 低音・高音、どちらも結構聴けた
  • 厚みのあるコーラス要員としては十分戦力
  • ギャラ子の特徴から曲作りが重要、曲ありきだと時間かかると考えてます

申し訳ない。言い訳から始める申し訳ない。と。
スキルからしてギャラ子単体でメインボーカルを勤めさせることができませんでした。

  • 1オクターブアップしないと声にテンポ感をだせなかった
  • 無論、到底リズミカルな感じまで持って行け無かった
  • ラピスには通しで字ハモしてもらった
  • ギャラ子の声をエグいぐらいに潰して使った
  • メインボーカル成分(ギャラ子1:50%/ギャラ子2:10%/ラピス:30%/リン:10%)
  • 余分な低音のカット処理に困った
  • 曲になじませきれなかった。※結構なじませている方は散見した

メインで使ったプロパティは

  • ブレシネス:38
  • ブライトネス:12
  • クリアネス:-11
  • ジェンダー:-20
  • 今回はピッチ加工無し
  • 一部Staccato気味にしたいためVELとDYNで言葉の先頭を強調
ギャラ子セルフカバーのトラック構成

トラックはギター中心な構成でした。ちょっとボーカルが厚ぼったい感じです。聴く側もギャラ子を聞きたいと思ったのでちょっとクドいけどボーカルを押し出してます。いつも押し出してますがそれよりもちょっと出してる。

で、近日中、早ければ明日にでもアップします。その時にはブログにてご報告いたします。

明日以降、耳が落ち着いてから聞いてみて違和感なければ明日アップ予定とします。変だったらねぇ。。。です。


Comments are closed.