MIX 歌ってみた vocaloid/ボーカロイド

ボカロに対して結構便利な機能達。studio oneのレイヤとトランスポーズ

9月 30, 2012 by piipo // Leave a Comment

この記事の所要時間: 110

個人としてはボカロで曲を作っているとボカロの特性にあうように楽曲を変更することがあったりします。一概に変えねばならないということではなく、変えればいい感じになるかな、という願いに近いです。

じゃ、何をやるかというと3つほど。

  1. メロををC3あたりからC4ぐらいまでにする
  2. 声質をバックと重ねて選択

すいません。2つでした。
1はトランスポーズで移調。
2はレイヤーで実際に聴きながら選択。
となります。

1:トランスポーズで移調

1:トランスポーズで移調

V3エディタで歌えてる位置に設定したら、それに合わせて移調するほうのが使用頻度高いかもです。
どのDAWにも殆どついている機能だと思います。

2:レイヤーで実際に聴きながら選択

2:レイヤーで実際に聴きながら選択

図示では、moog系VSTiのプリセットを選択する際に利用した例です。という風に使っております。他には録音時にも使用してるか。

個人的にはボカロの調整を頑張らないと駄目な自分ですが、イマイチ身が入らないんだよなぁ。


Comments are closed.