MIX 歌ってみた vocaloid/ボーカロイド

やってみるべし!VOCALOIDで曲をつくってみた。- 1 –

11月 24, 2012 by piipo // Leave a Comment

この記事の所要時間: 214

不定期ではありますが、ボカロ楽曲の作成過程を掲載していこうと思いつきました。楽曲として作成とはいえ、周りの方も一緒だと思いますが、勝手にやってきたため方法論とか楽典からの理解などはありません。ですから制作にあたり順番や明確な手法などもないありさまです。中には決まっている方もいるかと思いますが…。
やり方は色々とありますが、今回は下記のような方法で行いました。
また、まるまる制作するのも時間がかかるため、練習本にあったラインから曲を作成します。ですから、まとまった曲にするというより断片的な曲となります。40秒ぐらい。

今回はベースラインからドラム、サイドギターまでを作っていきます。
こんな工程です。
DAWはstudio oneです。

曲制作の過程 - あくまでも一例 -

曲制作の過程 – あくまでも一例 –

  1. ベースを録る
    ※実際、ベースラインはアレンジ最終あたりに確定していきます。
  2. ドラム音源を打ち込み
    ※スネアなどの音色は大雑把に決めたりします。
  3. メロを作る・ギターを録る
    ※個人的にピアノや打ち込みでコードがしっくり来るか確認してから録音が多いです。
  4. ボカロで仮に歌わせてみる
    ※声が合うかどうか、キーがしっくり来るかどうか。ときには強引に歌わせてしまってますが…。
  5. 上モノ関連
    ※ブラスだったり、ギターだったり
  6. ボカロ調整
  7. MIXとマスタリング
  8. 動画作成:完成


●(一人で寂しく)レンタルスタジオで録ったり、音のしない場所や、お風呂場などで録るためにMac Bookとapogee oneを使用しています。鼻歌やリフのメモ程度ですとzoom h1やyamahaのaudio gram6で簡単にすませてしまいます。

BASS録音時のセッティング

BASS録音時のセッティング

  1. ベース
  2. ドラム
  3. ギター

次回はボカロへ打ち込んでどんなものか確認していきます。
不定期だけどね。面目ない。


Comments are closed.