MIX 歌ってみた vocaloid/ボーカロイド

効果あり?逆効果?簡易的なボーカルのダブル効果を狙う

2月 17, 2013 by piipo // Leave a Comment

この記事の所要時間: 152

マイク完成されたカラオケに対してボーカルを混ぜる。シンプルな作業だけれども、混ぜただけでは少し問題が出てくる。オケにボーカルが馴染まない。埋もれる。安定しない。浮き出る。など。全てを解決するには、それなりの方法と経験が必要となってくるはず。そんな方法の中にボーカルをダブルにする。ということをやってみた。しかも、面倒だったのでVSTで擬似的にダブルとした。左右をずらして鳴らしてみた。

今回のポイントはDynamicに音量が変動するピアノのバラードとボーカルです。ラストの盛り上がりでピアノの音量が上がっていきます。それに対するボーカルをダブルにすることで対抗してみました。
設定は…。

  • SENDに配置
  • オートメーションでレベル調整
  • LRにそれぞれ振り分け
  • LRの拡げ方はなんとなく
  • LRそれぞれを微々ではあるが遅延

実際の設定(waves doubler)

  • pan:左-29.1 右29.1
  • Delay:左7.3 右10.0
  • Detune:左8 右-9
  • gain0.5 Freq200 gain0.2 Freq1090
kiji130216

曲は、40mP様の「からくりピエロ」
ピアノアレンジは

です。カラオケ配布してました。
koma’nさん弾きまくるなぁ。

歌はらいむさんです。
ダブル無し

ダブル有り

ラスト部分どうだろ?
ちょっとわかりやすいように掛けすぎちゃったかも。さじ加減が難しいっす。
解消したようなしないような、どちらが正しいかではなくて好きな方を選択すればいい。という身も蓋もない結末。ただし、音の選択肢が増えるのは悪いことではないっつーことで。


Comments are closed.