MIX 歌ってみた vocaloid/ボーカロイド

ちょっと横道的な。vsqxからのvsq変換方法3typeの紹介

6月 17, 2013 by piipo // Leave a Comment

この記事の所要時間: 25

kiji130615headイラストをなかなか描いてもらう機会が少ないため、完成した曲が増えるとMMDを使って動画を作成しています。その際には、リップシンクという歌声をMMDとシンクロさせることを行います。自分の使用しているMMDのバージョンが古いせいもあってvsqのみにしか対応していないというわけです。そこで、vsqxからvsqへの変換を探しました。

最初に結果を報告します。残念ながらvsqからの変換ではMMD上でエラー、もしくはMMDが落ちてしまいました。
別のファイルで変換した場合には上手く行ったので、何かしらファイルに問題があったのかもしれません。

MMD以外にもコラボなどでvsqxをvsqに変換する機会もあるかもしれないので報告します。

1.V3editorのjob pluginを使用する。

使用するプラグインはコレ↓
ExportVSQ ver.1.2.0.0

job pluginsへの配置

job pluginsへの配置

そしてvsqファイルの保存。

vsqファイルの保存

vsqファイルの保存

公式に掲載してあるプラグインの配置方法はコチラです。

2.Cadenciiを使用する

Cadencii_v3.5.1

今回使用したのはwindows版です。win8で稼働させました。

3.V2 editor上で「はちゅねのないしょ」を利用して変換する。

V3以前からのボカロ使用者にとっては、作業効率を上げるために大変重要な存在でした。
こちらのプラグインにvsqx読み込みプラグインがあるので、それを利用してV2 editorにvsqxを読み込ませ、保存時にvsqとするわけです。

と、ざっと書き連ねたわけですが、どれも導入は難しいものではありませんので、必要になったときにでも導入してみてください。

もうちょっとでMMDができそうです。
なんだかんだいって、撮影が楽しいわけです。
ようやく楽しめる段階まで来た。

kiji13061503

こっからがコンテと監督の才能を見せるところだ!ってわけにはいかないのが悲しい。
ミシェル・ゴンドリーにはなかなかなれないのだ。

kiji13061504

Comments are closed.