MIX 歌ってみた vocaloid/ボーカロイド

歌ってみたでMIX実践・確認。リアンプした際の音の変化

7月 19, 2013 by piipo // Leave a Comment

この記事の所要時間: 235

記事用240今回はボーカルを「リアンプ」して頂きました。僕自身、リアンプという言葉の意味、どのような工程で行われるのかハッキリとわかっておりません。そこでリアンプすることで得られるであろう状態を想定し、作業のできる方に依頼しました。実際MP3でどこまで聞こえるのか?また、MIX上での効果はどうなのか?いろいろとあるかと思います。実際に音源あげてみましたので各自でご確認して頂ければ幸いです。

なぜ依頼したか?

いただいた音がハッキリとしすぎていて、温かみがある感じにならないだろうか?

依頼内容

ボーカル音源にハード機器を通してもらう。その際、耳をつくような高域は軽くカットしてもらう。髪を梳いてもらう感じ。
※結果、リアンプ以外にEQで10Khzを軽くカットしてもらった。

リアンプ作業:teoさん
http://www.nicovideo.jp/mylist/37402235

ボーカル音源:黒雲さん
http://www.nicovideo.jp/mylist/30546505

先に断っておきます。元音源、リアンプ音源は音量を上げるためにフェーダーを上げてMP3にしました。
音量には注意してください。

元の音源:

リアンプ音源:

元音源最終加工状態:

注意:ここから明らかに音量が上がります。

リアンプ音源最終加工状態:

コチラがオケと混ぜた状態です。

個人的な見解ですが、
非常にリバーブやdelay、modulation系が上手く掛かる、というかキレが良い感じ、調整するとしっかりと反応してくれる。と思った。プラシーボでなければ。

いつか、個人でも試しにやってみたいなぁ。

ちょっと分別がつかないかな?すいません。
次回からsky driveかsoundcloudあたりでwave音源あげることも考えます。


Comments are closed.