MIX 歌ってみた vocaloid/ボーカロイド

40mPさんの『晴れのち桜』をアレンジしてみた。歌も借りてみた。

3月 22, 2014 by piipo // 40mPさんの『晴れのち桜』をアレンジしてみた。歌も借りてみた。 はコメントを受け付けていません。

この記事の所要時間: 34

140321240はじめに、歌い手(ぽっぽ)さんに依頼された時、声質からギターだけでやってもいい感じになるんじゃないかなって思いました。インフルエンザにかかっていて時間が有り、かつ久しぶりにニコ生放送でMIX放送もしたい気持ちもあって、最終的には動画まで持って行くことになりました。制作の流れをお楽しみください。

はじめにご紹介させてください。
今回、アレンジ作成にあたり、本家やご協力・ご提供いただいたです。

VOCAL:ぽっぽ(・8・)
picture:TANAKA Juuyoh (田中十洋)

歌い手さんの声を聞いた時からエレクトロというよりアナログな楽器が似合うなって思っていて、アコギ似合う感じがしてました。だから、軽く音を併せてみたりしていて、このBPMでアコギだともたつくから3フィンガーかなと思ったり、でも厚みがなくなっちゃうと残念なんで16でストロークだろう。とちょこちょこやり始めたのが最初です。で、元がこれになります。

アコギを入れてみた。
http://tmbox.net/pl/501244

アコギだけだと平坦に進んでいってしまったので、ピアノにdelay演出を行いメリハリをだした。特に終りと始まりを知らせる記号が足りない気がしたので。
低音が無いので、サビ周辺ぐらいは少し低い方を出そうと思ってCongaを出しましたが、そんなに低音でなかった。
http://tmbox.net/pl/501618

これでパラ音源が完成したので、ニコ生放送でMIXをしました。
既にタイムシフト期限が切れてしまって閲覧はできない面目ない。
久しぶりだったので設定が一番時間がかかった。

メモリ不足のためバランス設定・EQとcompで均したところまでで終了。

14032101

MIXは、

  • ボーカル調整は大雑把にvocal riderでトレースしておいてから微調整。
  • ギターはbusにまとめて味付け用compとボーカル帯域を少し外したEQ調整。
  • ハイコードでストロークしている5,6弦が結構きつかったのでオートメで調整。
  • ボーカルはシンプルにSENDでH-Deley→breverbで軽めに。
  • 全体はLexiconのpreset(studio3)を元に調整。

マスタリングは、

  • 最初にozone5でクリアに整えたのだけど、クリアすぎた感じがしたのでEQだけで使用に変更。ozoneのPOSTEQで対mp3用の処理をするため。それいがいにも優秀なので使用。
  • S1でやや広げる感じに調整。
  • アナログ感と音圧を上げるのにPSP Vintage Warmer2を使用。久しぶりかも。なんだかんだで今でも使用することがあるんだよな。個人的には扱いやすいし。presetを結構作ってあるというのも大きい。

今回の主要VSTは、

  • Q10←無色透明だがきっちり役目をはたすVST.糞安い癖に素敵な奴。
  • H-Delay
  • REQ
  • S1←最後に使わないことがないVST。一度だけセールで単品発売した時に購入。1年ぐらい見張ってた覚えがある。
  • Vintage Warmer2
  • OZONE5
  • Lexicon LXP←ボーカル用というより暗い響きが好みなのでplateでなくRoomが多いかも。
  • breverb←完全にボーカル用途。個人的にはLexiconよりこちら。

完成したのはこれです。

長々とすみません。


Comments are closed.