名もなきボカロ曲製作者かつコミュニティ能力が著しく低い場合は、ボーマス・ボーパラで目立つ手段で頑張らないといけないものらしい。

どっかに書いてあった

目立つ手段は数あれど、POPは王道の一つらしいので作成してみる。

いろんな種類があるようだがまずは手始めに値段POPを作成してみることにした。

字が下手なので、マジック手書き風を装うため「たぬき油性マジック」なるフリーフォントを使用しキャッチを書き込み。

ほかに字とイラストを挿入し、あまり詰め込まずバランスを取ってみた。

やはり手作り感が薄い気がする。

金額だけでも手書き、枠を蛍光ペンで囲い。

プレートに入れてみる

はじめてにしてはいい感じではないでしょうかっ(ドヤッ)

▼このミニアルバムでボーカロイドマスター参加します
ティザーサイトはこちら